観光地のインフラ事業に4兆ルピア(300億円)超投資へ、外国人訪問の後押し

インドネシア政府はこのほど、2021年に国内5カ所の優先観光地で実施するインフラ・プロジェクト108件に計4兆100億ルピア(約2億7515万米ドル)を投じる計画だと明らかにした。
観光地への投資を拡大することで、訪問客増加を後押しする意向である。

インドネシア公共事業・国民住宅省は今回、対象となるプロジェクトは道路、上水供給事業、廃棄物処理、衛生設備、住宅の改善などの事業だと説明した。

また対象となる観光地は、北スマトラ州のトバ湖、中部ジャワ州のボロブドゥール、東ヌサトゥンガラ州のラブアンバジョ、西ヌサトゥンガラ州のマンダリカ、北スラウェシ州のリクパンとなっている。

公共事業・国民住宅省は「観光部門ため、われわれはインフラ改善する必要がある。
その後、観光地のアメニティやイベント、プロモーション活動を改善すべきだ。こうしたものが準備来ていない場合、観光客は1度訪問したけで、二度と訪れなくなる」と説明した上で意欲を見せた。

今回のインフラ整備については、弊社が手がける西ヌサトゥンガラ州、ロンボク島のマンダリカもその中にはいっており
現在、同地区では国際モーターサイクルレース「MotoGP」のサーキットの建設が進んでおり、周囲にはいくつものスターホテルも建築中となっている。

今後5年以内に周辺の地価は2〜4倍程度の上昇が見込まれており、多くの個人投資家も積極的に参画している地域の一つである。
此度のパンデミックも徐々に収束の兆しが見える中、インドネシアは益々外国人の訪問後押しに力を入れていくものだと見られる。

PAGE TOP