パティンバン港の自動車ターミナル全面開業。日本企業の知見を活かした急速施工および運営

2021年12月17日、インドネシア共和国西ジャワ州スバン県で、円借款事業「パティンバン港開発事業」で建設が進むパティンバン港の自動車ターミナルの本格運営開始式典が行われ、日本企業で構成されるターミナル・オペレーターが自動車運搬船への完成車両の積み込みを披露しました。

式典には、インドネシア側からはブディ運輸大臣等が、日本側からは金杉憲治駐インドネシア日本国大使、小川重徳JICAインドネシア事務所長等が出席しました。ブディ運輸大臣からは、同港からの自動車輸出拡大を通じたインドネシアの経済成長と競争力拡大への期待及び日本による協力への感謝が表明されました。

JICAは、2017年11月にインドネシア国政府との間でパティンバン港の建設のため1,189.06億円の円借款貸付契約に調印しました。急激な経済成長に伴う貨物取扱量の増加を受け、首都圏郊外に新港を建設して既存港に一極集中している貨物物流の分散と首都圏の物流機構強化を図り、ひいてはインドネシアの投資環境改善を通じ同国の更なる経済成長に貢献することを目的としており、SDGs(持続可能な開発目標)のゴール8(働きがいも経済成長も)およびゴール9(産業と技術革新の基盤をつくろう)に貢献します。

パティンバン港の建設には、軟弱地盤改良技術や急速施工技術等、日本企業の持つ高い技術が活用されています。建設に携わった日本企業をはじめとした工事関係者の尽力により、円借款貸付契約から約4年という短期間で自動車ターミナル、コンテナターミナル及び港湾が完成しました。また、同港は日本・インドネシアの民間企業が共同で運営し、自動車ターミナルの運営は日本企業が担っています。港湾運営においても、日本企業の持つ高い技術や知見が活用されることが期待されています。

JICAは、パティンバン港の自動車及びコンテナターミナル施設の拡張及び港湾管理に携わるインドネシア運輸省の人材育成についても、継続的な協力を検討しています。

PAGE TOP