インドネシア・シナブン山が噴火、5000m上空に噴煙到達

インドネシア・スマトラ(Sumatra)島のシナブン山(Mount Sinabung)が2日朝に噴火し、噴煙が5000メートル上空に到達した。

火山学者らによると、13回の爆発的噴火が記録されたという。

 

近年、火山から半径5キロ以内に居住者はおらず、当局は差し迫った人的・物的被害の恐れはないとしている。

これまでに避難命令は出されておらず、航空便への影響も報告されていない。

PAGE TOP