インドネシアの首都移転へ 新首都名 “ヌサンタラ”に決定

インドネシアの国会は、首都を現在のジャカルタから国内の別の場所に移転させ、新たな首都の名前を「ヌサンタラ」とする法案を18日可決し、インドネシア政府は、移転先となる土地を開拓して、首都機能の移転を本格化させる見通しとなりました。

インドネシアのジャワ島にある首都ジャカルタは人口の過密化や交通渋滞などが深刻な課題となっていて、インドネシア政府は2019年に首都を国のほぼ中央に位置するカリマンタン島の東部に移転させる計画を公表していました。

これを受けて、インドネシア政府は、去年9月、首都の移転に必要な法案を国会に提出し、審議が行われた結果、18日賛成多数で可決され、新しい首都の名前もインドネシア語で「群島」を意味する「ヌサンタラ」となることが決まりました。

約1万7千の島々からなる群島国家であるインドネシアを表している。言語学者や歴史学者らが提案した約80の選択肢の中からジョコ大統領が選んだ。

現地メディアなどによると、今年から5段階に分けて移行作業を進めていき、2045年の移転完了を見込む。首都全体の広さは約25万6千ヘクタール。今年末から森林などの土地を開拓して、24年までに公務員50万人を移動させ、首都機能の移転を本格化させる見通しとなりました。

法案可決後、首都移転を所管するスハルソ国家開発企画相は「新首都は中心的な機能を持ち、国家のアイデンティティーの象徴であると同時に、新たな経済的重力の中心である」と述べました

一方、首都移転にかかる費用は日本円でおよそ3兆7000億円にのぼる見込みで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で経済が打撃を受ける中、インドネシア政府は費用をまかなうために外国からの投資も呼び込みたいとしています。

PAGE TOP