新型コロナウイルス対策(インドネシアにおける感染拡大への注意喚起)

令和3年6月26日(総21第68号)

※ 在インドネシア大使館より以下の注意喚起メールが発出されております。当館管轄州の皆様にあっても、新型コロナウイルス感染予防対策の再徹底をお願いします。
※ 当館としても新型コロナウイルス関係の最新情報の入手に努め、随時発信をいたします。また、お困りの事があれば、当館までご相談ください。

●インドネシアでは、ジャカルタ首都圏を始めとしたジャワ島を中心に、新型コロナウイルス感染が急激に拡大しています。
●在留邦人の皆様におかれては、感染状況やインドネシア政府による措置等に関し、最新の情報に注意するとともに、今後、感染状況がさらに悪化する可能性も念頭に、ご自身やご家族の安全の確保に努めてください。

1.現在、インドネシア国内では、ジャカルタ首都圏を始めとしたジャワ島内を中心に、新型コロナウイルスの新規陽性件数が急増し、感染が急激に拡大しています。
(1)国内の一日の新規陽性件数は、6月第2週目に一日約7千件に達した後、急増しています。21日に本年1月の過去最多記録を更新した後、23日には1万5千件、翌24日には2万件を超えるなど、拡大の一途をたどっています。
(2)ジャワ島内の主要都市の病院の病床占有率が8割を超えて上昇傾向にあります。今後、医療提供体制が悪化する可能性に注意することが必要です。
(3)ジャカルタ周辺の新規陽性件数の急増に比例して、在留邦人の新型コロナウイルスの陽性事案の報告が増えています。会食を通じた集団感染の事例も増えています。
(4)ジャカルタ周辺の一部の日系企業の中には、昨今の状況を受けて、一部の駐在員や同伴家族の一時帰国を判断したところがあるとの情報に接しています。

2.現時点で、インドネシア政府による活動制限や行動制限等が更に強化されるとの情報には接していません。

3.在留邦人の皆様におかれては、こうした感染状況やインドネシア政府による各種措置に関し、最新情報の入手に努めてください。また、今後、感染状況がさらに悪化することも念頭に、不要不急の移動や会食は避けるなど、感染予防対策を更に徹底して、ご自身やご家族の安全の確保に努めてください。

在デンパサール日本国総領事館

PAGE TOP