インドネシア政府によるジャワ・バリでの活動制限の延長(内務大臣指示の発出)

令和4年3月8日(総22第23号)

 

●ジャワ・バリでの活動制限が3月14日まで延長されました。

●バリ州は活動制限レベル3のままで、ジャカルタ首都圏及び東ジャワ州スラバヤ市 はレベル2に引き下げられ、ジョグジャカルタ特別州はレベル4に引き上げられまし た。

1.3月7日、ティト内務大臣は、ジャワ・バリでの活動制限を3月14日まで延長 する旨の内務大臣指示(2022年15号)を発出しました。

2.同内務大臣指示では、ジャカルタ首都圏、東ジャワ州スラバヤ市の活動制限レベ ルが2に引き下げられる一方、ジョグジャカルタ特別州の活動制限レベルが4に引き上げられました。

レベル4:ジョグジャカルタ特別州、中部ジャワ州マゲラン市、東ジャワ州マディウ ン市

レベル3:西ジャワ州バンドン市、カラワン県、中部ジャワ州スマラン市、バリ州 等

レベル2:ジャカルタ首都圏(ジャカルタ首都特別州、バンテン州タンゲラン県・市、 南タンゲラン市、西ジャワ州のブカシ県・市、ボゴール県・市、デポック市)、東ジャワ州スラバヤ市 等

 

3.ジャワ・バリの活動制限レベル2の主な内容は以下のとおりです。なお、活動制限レベル3の内容は、2月9日付の当館お知らせ(https://www.denpasar.id.emb-ja pan.go.jp/files/100300035.pdf)や2月16日付の在デンパサール日本国総領事館お知らせ(https://www.de npasar.id.emb-japan.go.jp/files/100302571.pdf )を参照ください。

(1)教育・学習 制限付きで対面授業または/及び遠隔学習とし、関係4大臣の共同決定に基づいて実施される。

(2)非必須・重要分野の出勤制限 下記(3)及び(4)の必須分野及び重要分野に該当しない業種について、出勤率 75%まで、ワクチン接種を行った従業員のみ出勤でき、職場の出入りにあたってはアプリ「Peduli Lindungi」を使用する。

(3)必須(esensial)分野

ア 顧客サービスを主とする保険・銀行・質・先物取引所・年金・融資機関(lembaga pembiayaan)については、顧客サービスを行う営業所での出勤率は75%まで、事業 運営業務のためのオフィス出勤率は50%まで。

イ キャピタルマーケット業、情報通信事業(携帯電話事業、データセンター事業、 インターネット事業、メディアを含む)での出勤率は75%まで。

ウ 隔離業務を行わないホテル業については、以下のとおり。

(i)全ての客と従業員に対して、アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニング を行う。アプリの表示が「緑」の場合や健康上の理由でワクチン接種できない場合に入場可。12歳未満の客の入場については、検体採取後24時間以内の抗原検査また は48時間以内のPCR検査の陰性証明書が必要。

(ii)施設の利用は収容率の75%まで可。

(iii)ジム、会議室、ボールルームは、アプリ「Peduli Lindungi」を使用する条件の下で、収容率の75%まで利用可。会議室やボールルームでの飲食物はボックスで の提供とし、ビュッフェ形式での提供は禁止。

エ 輸出指向産業及びその関連産業のうち、過去12か月の輸出申告書(PEB)又は今 後の輸出計画書を示し、産業活動運営移動許可(IOMKI)を取得済みの企業について は、シフト調整を行い、製造施設・工場での出勤率は各シフトともに75%まで、事 業運営業務のためのオフィス出勤率は50%まで。出入りにあたってはアプリ「Pedu li Lindungi」を使用し、従業員同士の食事は禁止。

オ 政府部門の必須業務については、政府機関強化・官僚改革省の定めに従う。

 

(4)重要(kritikal)分野

ア 保健、治安に係る活動については、出勤率は100%として可。

イ 災害対応、エネルギー、生活必需品関係を始めとする物流・郵便・運輸・配送業、家畜・ペット用を含む食品・飲料産業、肥料・石油化学、セメント・建設資材、国家 の重要施設、国家戦略プロジェクト、建設(情報通信・放送インフラを含む公共イン フラ)、基礎サービス(電力、水、廃棄物処理)については、製造施設や建設現場、顧 客サービスを行う営業所では、出勤率を100%として可。事業運営業務のためのオ フィス出勤率は50%まで。

ウ エネルギー、生活必需品関係を始めとする物流・郵便・運輸・配送業、家畜・ペ ット用を含む食品・飲料産業、肥料・石油化学、セメント・建設資材、建設(情報通 信・放送インフラを含む公共インフラ)、基礎サービス(電力、水、廃棄物処理)では、 従業員及び訪問者が製造施設、建設現場、顧客サービスを行う営業所及び事業運営業 務のためのオフィスに立ち入る際、アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニン グを行わなければならない。

 

(5)日常生活必需品を販売するスーパー、伝統市場、雑貨屋 営業時間は午後9時まで、収容率は75%まで。スーパー及びハイパーマーケット では、9月14日以降、アプリ「Peduli Lindungi」を使用し、アプリの表示が「緑」 の場合や健康上の理由でワクチン接種できない場合に入場可。薬局は24時間営業可。

(6)生活必需品以外を販売する市場 営業時間は午後8時まで、収容率は75%までとする。

(7)路上販売、雑貨店、代理店、金券販売、理髪店、クリーニングサービス、物売 り、小規模修理工場、車両洗浄サービス、その他小規模事業は、厳格な保健プロトコルの下、午後9時まで営業可(詳細については地方政府が調整。)。

(8)飲食店 ア 屋台、路上飲食店等での店内飲食は、営業時間は午後9時まで、収容率は75% まで、飲食時間は60分以内に制限。 イ レストラン、食堂、カフェは、営業時間は午後9時まで、収容率は75%まで、 飲食時間は60分以内に制限。全ての客と従業員に対して、アプリ「Peduli Lindung i」によるスクリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合や健康上の理由でワク チン接種できない場合に入場可。 ウ 夜間営業のレストラン、食堂、カフェは、営業時間は午後6時から午前0時まで、 収容率は50%まで、飲食時間は60分以内に制限。全ての客と従業員に対して、アプリ「Peduli Lindungi」によるスクリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合 や健康上の理由でワクチン接種できない場合に入場可。

(9)ショッピング・モール 営業時間は午後9時まで、収容率は75%まで。12歳未満の入場にあたっては、 親の同伴が必要であり、6歳から11歳までの子供は最低1回分のワクチン接種証明 書の提示が必要。全ての客及び従業員に対し、アプリ「Peduli Lindungi」によるス クリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合や健康上の理由でワクチン接種で きない場合に入場可。ショッピング・モール内の児童遊戯施設や娯楽施設は、6歳から11歳までの子どもは必要回数(通常は2回)のワクチン接種を終了の者のみ入場可。

(10)映画館 収容率は70%まで。全ての客と従業員に対して、アプリ「Peduli Lindungi」に よるスクリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合や健康上の理由でワクチン 接種できない客のみ入場可。12歳未満の入場にあたっては、親の同伴が必要であり、 6歳から11歳までの子供は最低1回分のワクチン接種証明書の提示が必要。映画館内の飲食店での店内飲食は、収容率50%まで、飲食時間は60分以内。

(11)建設活動 公共インフラ建設と私的建設活動(建設現場)は100%可。 (

12)礼拝施設 収容率75%までに制限。

(13)公共施設(公園、観光施設等) 収容率75%まで。従業員及び訪問客に対して、アプリ「Peduli Lindungi」によ るスクリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合や健康上の理由でワクチン接 種できない場合に入場可。12歳未満の入場にあたっては、親の同伴が必要であり、 6歳から11歳までの子供は最低1回分のワクチン接種証明書の提示が必要。

(14)文化・社会・芸術・スポーツ 密を生じさせ得る活動については、収容率75%まで。アプリ「Peduli Lindungi」 によるスクリーニングを行い、アプリの表示が「緑」の場合や健康上の理由でワクチ ン接種できない場合に入場可。

(15)ジム 収容率75%まで。アプリ「Peduli Lindungi」を使用し、アプリの表示が「緑」の 場合や健康上の理由でワクチン接種できない場合に入場可。

(16)公共交通機関 定員の100%まで可。

(17)結婚披露宴 収容率50%まで。会場での食事は禁止。

(18)マスク着用 自宅外ではマスクを常時着用。マスクを着用せず、フェイスシールドのみの着用は 禁止。

(19)隣組(RT)単位での小規模単位の社会活動制限継続。

 

4.活動制限レベル2及び3の地域では、輸出指向企業及び国内市場指向企業を対象 として、一定の条件の下で100%の出勤での活動を認めるとしており、右措置の条 件は以下のとおりとされています。

(1)産業活動運営移動許可(IOMKI)を保有し、工業省からの推薦を得る。

(2)対象企業およびその従業員は、生産施設の出入りにあたり、アプリ「Peduli L indungi」によるスクリーニングを行う。

(3)健康上の理由によりワクチン接種できない場合を除き、必要回数(通常は2回) のワクチン接種を終了した従業員のみシフトに参加可能。

(4)工業省及び保健省が定める保健プロトコルに従う。

 

5.スポーツの試合に関する規定は以下のとおりです。

(1)活動制限レベル1から3の地域において開催でき、選手、係員、メディア関係者、支援要員及び観客に対して、会場の出入りの際にアプリ「Peduli Lindungi」に よるスクリーニングを行う。

(2)観客の入場は、ブースター・ワクチンの接種終了と試合の1日前以内のPCR 検査または試合当日の抗原検査の陰性証明書が条件。選手、係員、メディア関係者、 支援要員については、2回のワクチン接種終了と試合の1日前以内のPCR検査また は試合当日の抗原検査の陰性証明書が条件。

(3)観客の収容率は、活動制限レベル3の地域で50%、レベル2の地域で75%、 レベル1の地域で100%。

 

6.インドネシアにおける新型コロナウイルス対策のための措置は、突然変更される可能性があります。邦人の皆様におかれても、インドネシア国内の感染拡大の状況等には充分注意し、最新の関連情報の入手に努めてください。居住地・活動地の地方政 府が定める対象地域や活動制限の内容については、各地方政府の発表等最新の関連情 報の入手に努めてください。

 

在デンパサール日本国総領事館

PAGE TOP