Halodocが8000万米ドル調達、ワクチン事業などに充当を表明

インドネシアの遠隔診療スタートアップ企業『Halodoc』はこのほど、
「シリーズC」の資金調達を実施し、8000万米ドルを調達したと明らかにした。
同社はこの資金をワクチン関連事業に振り向ける意向である。

Halodocは今回得た資金を
プラットフォームのアップグレードや様々な保健医療部門での市場拡大に向け投じると説明した。
同社の主要サービスは医薬品配達事業、オンライン診断、予約業務の3つとなっている。

Halodocはさらに、これまでに配車アプリのGojekと提携し、
ジャカルタで初となるドライブスルー式のワクチン接種サービスを導入した。

Halodocは現在、ドライブスルー式のワクチン接種サービス拠点を7カ所で運営し、
これまでに8万人を対象にワクチン接種を実施した。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP