中国テンセント・クラウド ジャカルタでコンピューティング市場を加速

中国のハイテク大手テンセント・ホールディングスは、急成長するアジアのクラウドサービス市場に向けた世界的な競争における株式を強化している。テンセントは今年末までにインドネシアに2つのデータセンターを開設すると発表した。

テンセント・クラウドがインドネシアにIDCを設置するのはこれが初めて。
IDCの設置により、成長著しいインドネシアのクラウド・コンピューティング市場での事業を加速したい考えだ。

インドネシアに加えて、テンセントクラウドインターナショナルのPoshu Yeung副社長は、ほとんどのデータセンターは韓国、タイ、いくつかの中東諸国など他のアジア諸国に建設されると述べた。
日経アジアからの報告によると、これは中国国外で20のデータセンターを運営するというテンセントの壮大な計画の一部だとヨンは述べた。最初のバッチは、ヨーロッパと米国で発売される予定です。

しかし、中国と欧米諸国間の緊張が高まる中、テンセントは今年後半にアジア地域を中心に30%から50%のデータセンターを追加することに決めた。
Yeung氏は、COVID-19パンデミックの間、アジアはビデオ会議、電子商取引、オンライン教育、ゲーム、ストリーミングの面でインターネット活動の急速な成長を経験していると述べた。
それに答えて、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト、グーグルアルファベットなどの他の大手ハイテク企業は、デジタル世界で機会を収益化するためにデータセンターを構築するために競争しています。

不動産コンサルタントのCBREによると、アジア太平洋地域のデータセンターへの投資額は22億米ドルに4倍になった。この数字は2019年に記録されたものよりもはるかに大きい。

インドネシアの最も緑豊かなフィールド
多くのアジア諸国の中で、インドネシアは最も緑豊かな草を持つ畑の一つです。グーグル、マイクロソフト、フェイスブック、アマゾンは、インドネシアで最初のデータセンターを建設する計画を最初に発表した。

一方、アリババグループはインドネシアに2つのデータセンターを開設しました。彼らは今、第三のために計画しています。光沢は、インドネシアが世界第4位の人口を持ち、2億7000万人の住民を抱えているという事実と切り離すことができません。
「インドネシアは、東南アジアで最も急成長しているクラウドビジネス市場の一つだと思います」とヨンは言いました。

テンセント・クラウドの海外事業を手掛けるテンセント・クラウド・インターナショナルは
「インドネシアはモバイルインターネット市場が急速に成長しているとともに、インターネット人口ボーナスが期待できる。 インドネシアでのクラウド・コンピューティング市場の可能性を最大化するのを後押しするため、今回の最初のIDCの設置は喜ばしいものだ」と強調する。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP